両親への感謝を伝える結婚式。

結婚披露宴の際には親へ感謝を伝えよう

結婚披露宴の最後の山と言えるのが、新郎新婦からの親へ送る言葉です。新郎新婦にとっても親にとっても恥ずかしいシーンである反面、1番感動するシーンでもあります。どのような手紙にするかですが、幼い時からの思い出や親と喧嘩した事、結婚する事を決めた時の正直な気持ちや親やのリアクションを手紙にする場合が多いです。ホテルの場合だとプロジェクターがある場合も多いので、幼い時の成長の過程を記した写真などを映し出すと感動的になる場合が多いです。
終わりだけでなく、式の途中でも親を紹介するような場合があったほうが良い場合もあります。具体的にはホテルのアドバイザーが全てを把握しているので、なんでも相談する事が必要です。

様々な形で感謝を伝えよう

両親への感謝を表す手段として手紙や花束が一般的ですが、それ以外の物を渡す場合もあります。様々なものが渡されていますが、その中でも新郎新婦が産まれた時の体重と同じ重さの物をプレゼントする場合があります。特に母親は出産時の事を思い出して、嬉し泣きする場合がほとんどです。その他だとオリジナルの似顔絵をプレゼントしたり、直筆の詩をプレゼントする場合が多いです。結婚披露宴が両親の住んでいる地域から遠方の場合には、移動時の負担を考えてマグカップなど、持ち運びするのに便利な物を選ぶ場合もたくさんあります。
ホテルでほとんどの場合準備が可能であるため、ホテルの結婚披露宴アドバイザーと相談しておく必要があります。

結婚式を親族のみで東京